Amazonオーディブル

説明が上手い人の特徴:○○を必ず言ってます【一番伝わる説明の順番】

 

説明上手になりたいです。私はよく上司から説明下手だといわれます。説明上手な人と説明下手な人の決定的な違いはなんでしょうか?

上司:「ちょっと何を言ってるかわからない」

この一言、強烈です。

説明が下手な人は、私の経験上、社内で行き場を失います。

なぜなら、コミュニケーションコストがかかるから。

上司:「早く退職してくれないかな」

もしかしたら、こんなふうに思われているかもしれません。

そこで、この記事では「誰でも説明上手になるテンプレート(型)」を紹介します。

著書「一番伝わる説明の順番」を参考にお伝えします。

型を意識して練習すれば、誰でも説明上手になれます。

この記事でわかること

  • 理解しやすい話し方
  • わかりやすい説明の「型」
  • 著書「一番伝わる説明の順番」の概要

記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

話の前提を共有していないこと【説明上手・説明下手の違い】

説明上手な人と説明下手な人の決定的な違いって何?

結論、話の前提を共有していないことです。

まず、前提を揃えることが重要です。

なぜなら、知識レベルを合わせ、相手の思考が整理できるから。

例えば、小学生に株の話をしても、通じませんよね。

そのために、説明の前に、前提を共有して、知識レベル揃える必要があるのです。

前提を揃える+PREP(プレップ法)で話す練習をしてください。

家族に対して練習する、劇的に説明上手になれるでしょう。

PREP(プレップ)とはビジネスシーンで好まれる、結論から話す「型」です。

  • 結論:今日は会社休みます
  • 理由:熱があるから
  • 具体例:42℃あります
  • 結論:なので今日は休みます。

ただし、結論から伝えても、前提を知らなければ、相手が会話についてこれません。

なので、イチに前提、二に前提、三に前提です。

前提ってどんなこと?

前提は、目的、背景、話の範囲を示します。

大事なことは、意識レベルを合わせることなので、相手が忘れてそうなとき(リアクションが薄い)も、前提で共有したほうが良いです。

例えばこんな時、前提を共有すると、生産性が上がります。

  • 過去の取引でのクレーム
  • 自分の顧客について話す前
  • 担当者はどんな人か


結果、スムーズに引き継ぎ、質の高いホウレンソウができます。

わかりやすい説明の型説【一番伝わる説明の順番】

本書で紹介されている、わかりやすい説明の型は、5ステップで成り立ってます。

  1. 前提を揃える
  2. 結論、主張、本質(どれか1つ)
  3. 根拠、理由、事実(どれか1つ)
  4. 補足情報、具体例
  5. 結論、相手にしてほしいアクション

前提を揃える

冒頭で説明しました、前提+PREP(プレップ)です。

目的や説明範囲、過去の事象などを共有し、知識レベルを合わせます。

結論、主張、本質(どれか1つ)

ポイントは、結論を一言にまとめること。

だらだら長いと「結局何が言いたいの?」状態になります。

根拠、理由、事実(どれか1つ)

3のポイントは、根拠や理由は3つにすること。

なぜなら、1つでは根拠が弱く、5つでは、多すぎて相手が混乱するから。

補足情報、具体例

4のポイントは、3を支える具体例にすること。

野球の話なのに、サッカーの話になってないか、確認してください。

結論、相手にしてほしいアクション

5で結論を繰り返します。

なぜ繰り返すのか。

それは2から4までの時間に、話の出口を見失うから。

上司:「で、結局何の話?」を防ぎます。

前提+PREP+スコープ【説明が上手い人の特徴】

説明が長すぎる時、前提を伝えてもなかなか伝わりません、、、

そういうときは、説明の範囲を決めましょう。

前提+PREP+スコープ

説明の範囲を事前に共有することを、コンサル業界では「スコープして話す」といいます。

こんなシーン見たことありませんか?

今日は〇〇について話します!

仕事がデキる人は、実践してますよね?

説明の前に前提を伝えるメリットは以下3つ。

  • 相手の混乱を防ぐ
  • 時間内でわかりやすく説明できる
  • 資料作成に時間が足りないときに間に合う


説明の時間は限られています。

スコープを決めることで、お互い話に集中することができます。

結果、相手の理解がスムーズになり、説明上手になれるのです。

まとめ【説明が上手い人の1つの特徴とうまくなる訓練】

まとめです。

説明上手になる方法。

それは、話の前提を共有することです。

前提を揃え+PREP(プレップ法)で話すことで説明上手になります。

話が長い時は、スコープを取り入れると良いでしょう。

アクションプラン

本書を無料ダウンロード、通勤で聴いてみましょう。会話のパターン別に、説明がうまくなる「型」が学べます。会話が好きになるでしょう。

「インキュベートの法則」という習慣化の法則をご存知でしょうか?

「21日間継続した事は習慣化する」という法則です。

早く行動する人が成功してます。

市場価値を高め「稼ぐ力」を身につけたい人は、無料ダウンロードからどうぞ!

記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible