結局、何が言いたいの?説明がうまい人の1つの特徴【伝わる順番】

結局、何が言いたいの?
  • URLをコピーしました!

上司:「ちょっと何を言ってるかわからない

この一言、凹みますよね…

説明が下手な人は、重要な仕事を任されません。なぜなら、コミュニケーションコストがかかるから。

上司:「早く退職してくれないかな」

こんなふうに思われないよう、この記事では、誰でも説明上手になるテンプレート(型)を紹介します。

著書「一番伝わる説明の順番」を参考にお伝えします。

この記事を読めば、明日から説明上手になれます。

人と会話することが、楽しみになるので、仕事が楽しくなります。

created by Rinker
¥1,210 (2022/11/28 12:58:59時点 楽天市場調べ-詳細)
書籍「わかりやすい説明の順番」で学べる事
  • わかりやすい説明の型
  • プレゼンの成功法
  • PREP法
この記事を書いている人
登場人物
2020年3月からオーディブル使ってます
一番伝わる説明の順番のもくじ(クリックで見る)

はじめに 説明は順番で決まる

第1章 説明が下手な人は、何が間違っているのか
・残念な説明をする人は何が間違っているのか?
・残念な説明の特徴①考えた順番で説明する
・残念な説明の特徴②相手の理解度を意識していない
・残念な説明の特徴③言いたいことが分かっていない
・「なんとなく説明する」から「筋道を立てて説明する」へ

第2章 分かりやすい説明の順番
・相手の思考を意識する
・わかりやすい「説明の順番」の基本
・説明の順番 その①前提をそろえる
・説明の順番 その②結論・主張・本質
・説明の順番 その③根拠・理由・事実
・説明の順番 その④補足情報
・説明の順番 その⑤結論・相手に促したいアクション
・相手主導の説明のコツ
・長くてもしっかり伝わる説明の条件

第3章 説明力を高める!「自分の思考」を整理するコツ
・「相手の知りたいこと」を考える
・説明する前にやるべき「思考」をまとめる4ステップ
・「短い方が伝わりやすい」は本当か?
・枝葉ではなく「幹」から伝える
・説明上は、「要約」と「本質の見極め」がうまい
・「伝えたいこと」を徹底的に可視化する

第4章 理解度が高まる!「相手の思考」を整理するコツ
・相手の理解度を高めるために、相手の思考を整理する
・全体を定義して「地図」を示す
・説明における「地図」の作り方
・「質問」を使うと、相手の頭を整理して話せる
・「フレームワーク」で相手の思考を整理する

第5章 印象に残る伝え方のコツ
・相手の響く説明をするために大事なこと
・うまく端折る技術
・「粒度」を合わせると、伝わりやすくなる
・メールでの説明は「条件分岐」を意識する
・たとえる力 アナロジーを使いこなす技術

第6章 説明力を磨く 思考習慣&トレーニング
・思考の習慣を磨けば、説明力は自然と高まる
・伝える内容を「要素」に分解する ①単語分解
・伝える内容を「要素」に分解する ②プロセス分解
・優先順位をつけるための「捨てる技術」の磨き方
・数を3つにする練習
・レベル感(粒度)を揃える練習
・サマライズトレーニング
・クリスタライズトレーニング
・アナロジートレーニング

この記事でわかること(目次)

話の前提を共有していない【説明上手・説明下手の違い】

説明上手
説明上手

結論、説明上手な人は、会話の始めに前提を話します

前提を伝えることで、知識レベルを合わせることができます。

例えば、小学生に「株」の話をしても、通じませんよね。

ココがポイント

わかりやすい説明をするためには、前提を共有して、知識レベル揃える必要があります。

前提知識をそろえてから、PREP法(プレップほう)で話すと、うまく説明ができます。

PREP法とは、結論から話す「型」

  • 結論:今日は会社休みます
  • 理由:熱があるから
  • 具体例:42℃あります
  • 結論:なので今日は休みます。

ただし、プレップ法には欠点があります。

それは、前提がないこと。

結論から伝えても、前提を知らなければ、相手が会話についてこれません。

前提を揃え、PREPで話す練習をすることで、誰でも説明上手になります。

家族で練習すると、気をつかわず練習できるのでおすすめ。

わかりやすい説明の型【伝わる説明の順番】

【08】説明の順番その1前提を揃える

本書で紹介されている「わかりやすい説明の型」を紹介します。

  1. 前提を揃える
  2. 結論、主張、本質(どれか1つ)
  3. 根拠、理由、事実(どれか1つ)
  4. 補足情報、具体例
  5. 結論、相手にしてほしいアクション

順番に解説します。

前提を揃える

まずは、冒頭で説明した「前提」です。

前提は、5W1Hで共有します。

  1. 話す目的(Why)
  2. 何を話すか(What)
  3. 誰の話か(Who)
  4. いつの話か(When)
  5. 範囲(Where)

例えば、以下のように使います。

前提、サイヤ人は、人間ではありません(範囲)

結論、主張、本質(どれか1つ)

前提を伝えたら、次に「結論、主張、本質」どれか1つ伝えます。

結論、地球最強生物は、クリリンです。

ポイントは、結論を一言にまとめること。

結論が長いと「結局、何が言いたいの?」状態になります。

根拠、理由、事実(どれか1つ)

結論を伝えた後は「根拠、理由、事実」を伝えます。

ポイントは、根拠や理由は3つ伝えること。

なぜなら、1つでは根拠が弱く、5つでは、多すぎて相手が混乱するから。

理由は3つあります。

  1. 戦闘力が1億超えだから
  2. 人間の子供と認定されているから
  3. 地球人に負けた描写がないから

補足情報、具体例

理由の次は「補足、具体例」を伝えます。

ポイントは、理由を支える具体例にすること。

例えば、地球最強生物と呼ばれるヤムチャに、クリリンは一度も負けたことがありません。

具体例、たとえ話を5秒で作る方法は「具体と抽象」スキルを鍛えることです。

以下記事で、具体と抽象を解説しております。

結論、相手にしてほしいアクション

最後に、結論を繰り返します。

なので、クリリンが地球最強生物です。

なぜ繰り返すのか、それは理由と具体例を伝えている間に、話の論点を見失うから。

最後に結論で締めることで、主張と根拠が繋がり、説得力が高くなります。

「一番伝わる説明の順番」を無料で読む方法【田中 耕比古 (著)】

Amazomレビュー抜粋
Amazonレビューの評価:一番伝わる説明の順番

「一番伝わる説明の順番」は、Amazonオーディブルで、30日間無料で聴けます。

30日間、気になる本を読み漁るのも良し、いつでも退会もできます。

ココがポイント

聞き放題対象外になってしまう前に、早めにダウンロードおすすめします。

\Amazonレビュー抜粋/

Aさん


説明だけでなくわかりやすい例も盛り込まれ、かつ紹介しているメソッドの種類も多いためとてもわかりやすい。

Bさん


相手に響く話しのまとめ方、それを目指した自身の思考トレーニング方法が詳しく書かれていた

Cさん


うまく説明を伝えられない課題感を持っている人にオススメです。

Dさん


説明の順番というタイトルなのに、説明の順番について語っているのは前半3分の1の85ページだけでした。伝えている内容も悪くないのに、アナロジーや、クリスタライズの例がピンとこないものもあって伝えるって難しいよね。と思ってしまいました。

「一番伝わる説明の順番」のレビューを見る
created by Rinker
¥1,210 (2022/11/28 12:58:59時点 楽天市場調べ-詳細)
ココがポイント

ワイヤレスイヤホンがあると、通勤しながら読めるのでおすすめ。

まとめ【説明が上手い人の特徴、うまくなる訓練】

まとめ

まとめです。

説明上手になる方法は、話の前提を共有することです。

ココがポイント

前提を揃え+PREP(プレップ法)で話すこと。

たったこれだけで、だれでも説明上手になります。

説明が下手な人は、人間をイライラさせます。逆に、説明がうまい人はストレスを与えません。

つまり、説明がうまい人は好かれ信頼され、仕事がうまくいきます。

来週の商談に自信のない人は、オーディブルで無料お試しおすすめです。

聴き放題なので、読みたい本が見つかります。

\30日間無料お試し/

スマホから始められます

created by Rinker
¥2,980 (2022/11/27 19:58:28時点 楽天市場調べ-詳細)

2022年11月26日の情報です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)