Amazonオーディブル

伝え方が9割:説明下手を改善する方法【トレーニング】

説明下手を改善する方法

 

説明下手で、雑談も苦手です。いつも「結局、何が言いたいの?」って聞き返されます。どうしたら、説明上手になれるんでしょうか?

上司に相談する時、お客さんに説明する時。

自分で何を喋っているか、わからなくなる時、ありませんか?

実は、説明は技術なので、訓練次第で100%説明上手になれます

そこで、この記事は「伝え方が9割」を参考に、思い通りに相手に伝えることができるようになる、3つの方法を紹介します。

家族と会話する時、1日1つ、意識して話せばOK!

格段に説明が上手になり、スムーズに仕事進行できます。

この記事でわかること

  • 説明をうまくする方法
  • 話の意図をきちんと伝える方法
  • 「伝え方が9割」の口コミ

説明下手を改善する3つの方法【伝え方が9割】

伝わらない話し方伝わらない話し方

まず前提として、主語述語を短縮せずに話しましょう。

相手が幼稚園児だと言う気持ちで説明するだけで、レベルが1段階アップします。

慣れてきたら、以下3点を意識して、話ましょう。

私はこの方法で、格段に説明上手になりました。

 
  1. PREP法(プレップ法)で話す
  2. 話を小分けにする
  3. 話す前に文章化する


順番に解説します。

PREP法(プレップ法)で相手が知りたい順序で話す

PREP法(プレップ法)とは、伝えるための最強フレームワークです。

①結論②理由③具体例④繰り返し

これを使うだけで、ロジカル(理論的)に話すことができます。

わかりやすい話には、話の構成、型があります。

大切なのは、相手の立場に立って、相手が知りたい順序で話すこと、なのです。

1ヶ月、恋人や家族で練習してみてください。

格段に説明上手になります。

話を小分け(短期記憶)

2つ目は、話を小分けにしましょう。

なぜなら、人間は長期記憶が苦手だからです。

話を小分けにすることで、短期記憶として覚えやすくなります

ここまで、質問ありますか?大丈夫ですか?

こんなシーン、体験したことありますよね?

これは、相手に短期記憶を使ってもらい、無意識で情報整理をさせるのです。

私もプレゼン資料作成する際、情報を詰め込みまくってました。

人間は不安を感じている時、安心したいから情報をかき集めます。

それが、聞き手にとっては、逆にわかりにくいです。

短期記憶には情報容量に限界があります。研究で、人間は同時に3つしか記憶できないことがわかってます。

だから情報量が多いと、会話の内容がつかめません

聞いている人も話の整理が追いつかないくなるのです。

必ず「ここまで大丈夫ですか?」と会話の間で、確認しましょう。

話す前に文章化する

3つ目は、PREP法を使って話す前に、文章化することです。

なぜなら、文章化することで、ゴール(何を伝えたいのか)を事前に確認できるからです。

説明下手だった私身を分析した結果、会話のゴールが不十分のまま話しておりました。

まず、相手に何を伝えたいのか。明確にしましょう。

そうすることで、ブレのない会話になります。

整理したらPREP法に落とし込み、会話しましょう。

説明下手を改善する方法はトレーニングが必要

プレゼンは説明力が大切プレゼンは説明力が大切

フレームワークを実行するだけで、本当に説明がうまくなるの?

はい、大丈夫です。

なぜなら私も格段に説明上手になったからです。

重要なことは毎日訓練することです。

なぜならトレーニングなしでは歌はうまくならないからです。

上司とロールプレイング(役割の演技)が理想です。

しかし、できる環境がない場合は、家族や恋人に手伝ってもらいましょう。

【説明下手を改善する方法】まとめ

話し方の訓練をしましょう話し方の訓練をしましょう

説明上手になる方法のまとめます。

  1. PREP法(プレップ法)で話す
  2. 話を小分けにする
  3. 話す前に文章化する

アクションプラン

「伝え方が9割」は無料ダウンロード可能です。通勤時間で、勉強しましょう。説明上手になるコツが複数紹介されているので、身近な家族、同僚で、実験してみましょう。

本書は、たった1,000円ほど。

1,000円で10年使える、一生食いっぱぐれないスキル「説明上手なスキル」を入手できます。

今の会社だけでなく、どこでも通じる「普遍的スキル」を身に付けたい方にどうぞ!