要約レビュー:ドリルを売るには穴を売れ【ベネフィットの作り方】

ドリルを売るには穴を売れ
本書はこんなお悩みを解決します
  • 「ドリルを売るには穴を売れ」の要約
  • マーケティングの本を読むのが難しい
  • 売れるキャッチャーが作りたい
  • ベネフィットの本質
  • マーケティングの原理原則
売れない商品でも、売れるようになる知識が身につきます。

本書は「マーケティングの本を読むのが苦手」と思っている人にオススメ。

なぜなら、マーケティングの基礎を楽しく勉強できるから。

対話形式で読みやすく、スラスラ読めます。

そこで、この記事は「ドリルを売るなら穴を売れ」の要約をお伝えします。

この記事を読むと、商品を売る力が身につきます。

結果、お客さんから信頼され、売上が上がるでしょう。

created by Rinker
¥1,572 (2022/05/22 11:01:50時点 Amazon調べ-詳細)
この記事でわかること(目次)

商品を売る力が身につく本【ドリルを売るには穴を売れ】

ドリルを売るには穴を売れ
ドリルを売るには穴を売れ

結論、本書を読めば、売る力が身につきます。

なぜなら、マーケティングの本質を理解できるから。

例えば、タコが欲しい人に、わかめを売っても、買ってくれません。

本書を読めば、タコが欲しい人だけに、多くのタコを売ることができます。

ストーリー形式で読みやすい【レビューや感想】

本書は、対話ストーリー形式で勉強できます。自分ごとでマーケティングを学べるので、理解しやすいです。

ストーリーは、売上低迷して、今にも潰れそうなレストランを救う話

(広岡商事の新規企画室に務める売多真子(うれたまこ)が主人公)

彼女が担当するレストランが潰れそうな状況。そんな状況で、いとこの勝(まさる)と共に、売上を改善していくストーリーです。(まさるはスーパー営業マンです)

4つの理論【クチコミ・レビュー:ドリルを売るには穴を売れ】

売多真子は、勝に、マーケティングの本質を学びます。

マーケティングの本質は「顧客にとっての価値を届けること」と、勝に教えられた真子。

真子は「売れる4つのマーケティング理論」で課題を解決していきます。

本書では、商品が売れる4つの理論を記載しており、実践するだけで価値を届けることができます。

4つの理論はこちら。

  1. ベネフィット
  2. セグメンテーション
  3. 差別化
  4. 4P(フォーP)分析

順番に解説します。

ベネフィット

本書で頻繁に出現するワードが「ベネフィット」です。ベネフィットとは「顧客にとっての価値」です。

ユーザーはベネフィットで購入を決めます。

本書のタイトルでもある「ドリルを売るには穴を売れ」これは、ベネフィットで商品を売れ、ということ。

例えば、ドリルを買う人は、ドリルが欲しいのではなく、穴が欲しいのです。

ドリルの機能「ダイアモンドが入った素材で作っている」

ドリルのベネフィット「硬い壁でも穴を開けられる」

商品が売れずに悩んでいる人は、ドリルで例えると、機能をアピールしているケースが多いです。

本書を読んで、ベネフィットを訴求することで、売上が改善できる可能性があります。

ベネフィットは2種類

前提、ベネフィットには2種類あります。

  1. 機能的ベネフィット
  2. 感情的ベネフィット

例えば、
ルイヴィトンは、
なぜ人気があるのか?

理由は2つあります。

  • 壊れないから(機能的ベネフィット)
  • 外の人に自慢したいから(感情的ベネフィット)

今売れている商品は、どちらか、または両方のベネフィットを満たしていることが多いです。

つまり人は、お金より価値があるものを購入します。

そのために必要な概念が、ベネフィットです¥。

セグメンテーションとターゲット

ベネフィットを考えたあとは、セグメントとターゲティングを考えます。

なぜなら、売上が最大化できるから。

そのために必要な概念が、セグメンテーションとターゲットです。

セグメントとは、年齢、地域、業種などのグループです。

ターゲットとは、顧客層のセグメントです。

ターゲットを絞るメリットは、

  1. 心に響く言葉を作れること
  2. 空振りを減らすので広告費が安くなる
  3. 商品がたくさん売れること

売れているブロガーさんは、記事を書く前に、必ずペルソナを作っています。

ペルソナを設定することで、セグメントとターゲティングを簡単に作成できます。

差別化

ドリルを売るには穴を売れ
ドリルを売るには穴を売れ

ベネフィットとターゲットが揃っても、あなたの商品が売れるとは限りません。

なぜなら、競合も同じようなベネフィットを考え提供しているから。

例えば、マクドナルドの競合は、ロッテリア、モスバーガー。

競合よりも高い価値を提供しないと、ロッテリアにお客にながれてしまい、商品は売れません。

あなたの商品でなければならなきゃいけない理由を作ること

競合よりも高い価値を提供する方法は3つあります。

  1. 手軽軸で訴求する→安く便利に
  2. 商品軸で訴求する→とにかく良いもの
  3. 密着で訴求する→頑丈なパソコン

あなたの記事は、上記3つの軸で差別化できてますか?

差別化をすることで、購入促進が進むでしょう。

4P(フォーP)分析

4p
ドリルを売るには穴を売れ

差別化、ターゲティングが設定ができたら、あとは商品の価値を届けるだけ。

そのために必要なことが、売上を最大化する4P(フォーピー)分析です。

4P分析とは、顧客の販売経路を見直すこと。

今届いてないお客さん(必要なことに気づいていない人)に、価値を届けることができるので、売上を最大化することができます。

マックは、「手軽に美味しいハンバーガーを食べられること」だけではありません。

マックには「ドナルド」というキャラクターがいます。ドナルド好きな子供にとってドナルドは価値です。

他にも「スマイル」もマックだけの価値です。

4P分析をすることで、「見えていない価値」を発見する分析です。

  • 製品・サービス【Product】
  • 流通・チャネル【Place】
  • 広告・販促【Promotion】
  • 価格【Price】

製品・サービス【Product】

4P分析の「製品・サービス」は、あなたのサービスです。

あなたのサービスから得られる価値すべてを考えること。

例えば先程記載したマックの例です。

男性にとってはかわいい女性販売員のスマイルは価値となります。

流通・チャネル【Place】

4P分析の「流通・チャネル」は、あなたの商品を、お客さんがどこで購入できるか分析すること。

例えば、ネットで買えるプリン。

  • コンビニ
  • Amazon
  • スーパー

例えば、楽天を追加することで、販売経路を増やし、売上を最大化できます。

広告・販促【Promotion】

4P分析の「広告・販促」は、商品の存在や特徴をどう知らせるか、検討すること。

例えば、

  • Google広告に出稿
  • CMを流す
  • インスタ投稿する

お客さんとのコミュニケーションを増え、売上を伸ばすことができるでしょう。

価格【Price】

4P分析のの「価格」は、お支払い方法を見直すこと。

商品の価格だけでなく、
お支払い方法を増やすことで、
顧客単価を上げることができます。

なぜなら、カードをもっていない人が顧客になるからです。

  • クーポン券などを発行する
  • 割引サービスの導入
  • まとめ買い

上記も、価格の見直しに含まれます。

まとめ【要約:ドリルを売るには穴を売れ】

まとめです。

結論、本書を読めば、売る力が身につきます。

なぜなら、マーケティングの本質を理解できるから。

本書を読まないリスク

  • アクセスはあるのに、ブログ収益がない
  • 新商品がいつまでたって売れない
  • 競合商品に売上を持っていかれる

本書は、たった1,000円ほど。

たった1,000円で一生食いっぱぐれないスキル「ベネフィット考案力」を入手できます。

市場価値を高め「稼ぐ力」をつけたい人はどうぞ!

書籍「ドリルを売るには穴を売れ」

created by Rinker
¥1,572 (2022/05/22 11:01:50時点 Amazon調べ-詳細)

30日間 無料キャンペーン中

※期間限定 特別リンク※

Amazonオーディブルの特徴

  • 30日間、無料で聴き放題
  • いつでも解約OK
  • オフライン再生OK

2022年5月11日時点の情報です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる