Amazonオーディブル

会話のキャッチボールが苦手な私が、1日で克服できた秘密とは【トレーニング方法】

 

会話のキャッチボールができません。会話相手に、変化球を投げてしまい、 困らせてしまいます。うまくキャッチボールをするコツはありますか?

実は、会話のキャッチボールをスムーズに行うには3つのコツがあります。

頭が悪いわけではありません。

そこで、この記事は、会話のキャッチボールが上達する3つのコツを紹介します。

著書「誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方66のルール」を参考にしてます。

商談受注率が上がり、売上が2倍になるでしょう。

この記事でわかること

  • 会話を盛り上げる方法
  • まとハズレの回答をしない方法
  • 的確な回答をするフレームワーク

質問の意図を理解していないから【会話のキャッチボールが苦手】

結論から記載します。

キャッチボールができない原因、それは

あなたが質問の意図を理解していないから

進行方向が違うので、話が合わないのは当然です。

社会人なら、進行方向をあわせるスキルが必要です。

相手がお客さんなら尚更です。

会話が噛み合わず、イライラされる、、、

最悪、担当を変えてくれと、クレームが入ってしまう可能性だってあります。

なので、相手の意図を理解するスキルを学びましょう。

質問の意図を理解する方法【会話のキャッチボール】

早速、質問の意図を理解する方法をお教えします。

手順は3ステップ。

  1. 5W1Hで話を聴く
  2. つまり何?を問う
  3. 要点バックトラッキング


順番に解説します。

5W1Hで質問を聴く

まず、相手の会話を5W1Hで聞くこと。

理由は、複雑な会話でも整理できるから。

例えば、上司と会話している心ーンを想像してください。

上司
上司
これから商談で外出するから、15時から使うこの社内資料、コピーしておいて机に置いといて

これでは、情報が多すぎて、会話がぐちゃぐちゃで理解できません。

この会話を、5W1Hで整理するとこんな感じ

  • Who:上司
  • What:社内資料
  • How:コピーしておく
  • Why:商談で時間がない
  • When:15時までに
  • Where:机に


最低限の情報に削ぎ落とされ、シンプルになりました。

15時までに、資料をコピーして、上司の机に置いておけばOKね!

情報が整理され、相手の意図を簡単に汲み取ることができます。

つまり、相手は何が言いたい?と問う

2つ目は、「つまり、相手は何が言いたい?」と自問すること。

なぜなら、会話の本質を抜き出せるから。

つまり何?を問うことで、伝えたいことが1つに絞られます。

余分な情報を削ぎ落とし、本質だけが残ります。

この概念は、具体・抽象思考を参考にしてください。

購入前の参考にどうぞ!「具体 抽象」トレーニング【要約・レビュー・感想】

つまり何?を問う質問を「抽象化」と言います。

抽象化を鍛えると、物事の本質を捉えることができます

抽象化する方法は「Why」を問うこと。

例えば、Aさんが取引先A社への入金ミスが発覚した場合。

  • なぜ今回、入金ミスが起きたのか
  • なぜAさんは、B社に振り込んだのか
  • なぜAさんは、振込先を間違えたのか


「Why」を5回繰り返すことで、ミスの本質がわかります。

つまり、相手の意図を抜き出し、簡単にまとめることができます。

要点バックトラッキング

最後は、要点バックトラッキングです。

要点バックトラッキングとは、相手の質問の意図を読み取り、要約して確認すること。

「つまり、こういうことですよね?」

相手に、要約して確認することで、方向性が合致し、話が脱線しません。

結果、会話のキャッチボールができるようになります。

瞬時に理解する【会話キャッチボールトレーニング法】

なんだかんだ、難しそうだなあ、、僕にできるかなあ

質問の意図を、瞬時に理解するには、トレーニングが必要です。

筋トレと同じです。

オススメは、テンプレートを繰り返すこと。

  1. 5W1Hで話を聞く
  2. つまり何が言いたい
  3. 要約バックトラッキング


まずは、家族や友人で繰り返しを実践してください。

実践といっても、依頼するのではなく、1人で実践すればOK!

私も、1ヶ月実践したら、驚くほど会話のキャッチボールが上手くなりました。

まとめ【会話のキャッチボールが苦手な私が、1日で克服できた秘密】

まとめです。

キャッチボールができない原因は、質問の意図を理解していないから

進行方向が違うので、話が合わないのは当然です。

なので、相手の意図を理解することが重要です。

質問の意図を理解する手順は、3ステップ。

  1. 5W1Hで話を聴く
  2. つまり何?を問う
  3. 要点バックトラッキング


著書「誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方66のルール」は、Amazonオーディブルで無料で聴けます。

一生食いっぱぐれない「コミュニケーション」スキルが無料で入手できます。

今の会社だけでなく、どこでも通じる「普遍的スキル」を身に付けたい方はどうぞ!