会話のキャッチボールが苦手な私が、1日で克服できた秘密とは【トレーニング方法】

こんなお悩みありませんか?

  • 会話のキャッチボールができない
  • 会話相手に、変化球を投げてしまい、 困らせている
  • 会話のキャッチボールをするコツ教えて!

上司「それ、つまりどういうこと?」

目上の人と会話すると、会話のキャッチボール、うまくできませんよね、、、

実は、会話のキャッチボールは、ポイントさえ押さえれば簡単です。頭が悪いわけではございません。

そこで、この記事は、会話のキャッチボールが上達する3つのコツを紹介します。

著書「誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方66のルール」を参考にしてます。

この記事を読めば、商談受注率が上がり売上が2倍になるでしょう。

この記事でわかること
  • 会話を盛り上げる方法
  • まとハズレの回答をしない方法
  • 的確な回答をするフレームワーク
目次

質問の意図を理解していない【会話のキャッチボールが苦手】

結論から記載します。

キャッチボールができない原因は、質問の意図を理解していないから。

車のウィンカーではを出しているのに、右に曲がっているようなもの。

進行方向が違うので、話が合わないのは当然です。

友達との会話で、キャッチボールができないのは問題ないです、

相手がお客さんならマズいですよね、、会話が噛み合わず、イライラされ失注します。

最悪、担当を変えてくれと、クレームが入ってしまう可能性だってあります。

なので進行方向をあわせるスキル(相手の意図を理解するスキル)を勉強すれば、だれでも会話のキャッチボールができるようになります。

質問の意図を理解する方法【会話のキャッチボール】

早速、質問の意図を理解する方法をお教えします。

手順は3ステップ。

  1. 5W1Hで話を聴く
  2. つまり何?を問う
  3. 要約バックトラッキング


順番に解説します。

5W1Hで質問を聴く

まず、相手の会話を5W1Hで聞くこと。

なぜなら、会話の本質を抜き出せるから。

本質とは、物事を抽象的に捉えることです。本質を捉えることで、難しい会話でも簡単に理解することができます

例えば、上司と会話している心ーンを想像してください。

これからA社で商談があるんだよね。15時から外出するから、ミーティングで使う資料、20部コピーして、佐々木さんの机に置いといて

これでは、情報が多すぎて、会話がぐちゃぐちゃで理解できません。

この会話を、5W1Hで整理するとこんな感じ

  • Who:上司
  • What:資料
  • How:コピーしておく
  • Why:時間がない
  • When:15時までに
  • Where:机に置く

最低限の情報に削ぎ落とされ、シンプルになりました。

15時までに、資料をコピーして、佐々木さんの机に置いておけばOKだね!

情報が整理され、相手の意図を簡単に汲み取ることができます。

つまり、相手は何が言いたい?と問う

2つ目は、「つまり、相手は何が言いたい?」と自問すること。

この方法でも、会話の本質が抜き出せます。

相手の質問に対して「つまり何?」を問うことで、相手が最も伝えたいことが1つに絞られます。

余分な情報を削ぎ落とし、本質だけが残ります。

抽象化する方法は「Why」を問うこと。

例えば、Aさんが取引先A社への入金ミスが発覚した場合。

  • なぜ今回、入金ミスが起きたのか
  • なぜAさんは、B社に振り込んだのか
  • なぜAさんは、振込先を間違えたのか

「Why」を5回繰り返すことで、ミスの本質がわかります。(別名トヨタ式と呼ばれるものですね)

この概念は、過去わたしが書いた記事を参考にしてみてください。

要約バックトラッキング

最後は、要約バックトラッキングで相手に確認すること。

要約バックトラッキングとは、相手の質問の意図を自分で読み取り、要約して相手に確認すること。

「つまり、こういうことですよね?」

相手が話した意図を自分なりに考え確認することで、方向性が合致します。

結果、話が脱線せず、相手とキャッチボールができるようになります。

瞬時に理解する【会話キャッチボールトレーニング法】

なんだかんだ、難しそうだなあ、、僕にできるかなあ

質問の意図を瞬時に理解するには、
トレーニングが必要です。

筋トレと同じで、いきなり10キロのトレーニングはできません。

オススメは、
テンプレートを使って繰り返すこと。

  1. 5W1Hで話を聞く
  2. つまり何が言いたい
  3. 要約バックトラッキング

まずは、家族や友人で繰り返し実践してください。

わたしも1ヶ月実践したら、
呼吸するように、キャッチボールができるようになりました。

まとめ【会話のキャッチボールが苦手な私が、1日で克服できた秘密】

まとめです。

本記事では、会話のキャッチボールができない原因と対策をお伝えしました。

キャッチボールができない原因は、
質問の意図を理解していないから

進行方向が違うので、話が合わないのは当然です。

相手の意図を理解することが重要です。

質問の意図を理解する方法は3つでしたね。

  1. 5W1Hで話を聴く
  2. つまり何?を問う
  3. 要約バックトラッキング

参考書籍「誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方66のルール」は、1,000円ほどで購入できます。

たった1,000円で、商談を受注するスキルが身につきます。

一生食いっぱぐれない「コミュニケーション」スキルが無料で入手できます。

もし、お金をかけたくない人は、
Amazonオーディブルがおすすめ。

Amazon書籍45万冊から、1冊無料で聴けます。

今の会社だけでなく、
どこでも通じる「普遍的スキル」を身に付けたい方はどうぞ!

今だけ1冊無料

本記事で紹介した書籍は、
Amazonオーディブルで1冊無料ダウンロードできます。

30日間の無料体験は、いつでも解約できるので、リスク無しで始められます。

  • 3.5倍速で聴けるので、明日からアウトプットできる
  • いつでもキャンセルできるのでリスクなし
  • スキマ時間が価値ある時間に変わる

食いっぱぐれないスキルを身につけたい人はどうぞ!

\Amazonアカウントあれば1分でダウンロード/

この記事は2022年1月時点の情報です

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる