ジョブ理論はもう古い?売上20倍!事例付きで使い方と効果を解説【感想・要約】

ジョブ理論
本書はこんなお悩みを解決します
  • 自社の商品が売れない
  • 売れるコピーが書けない
  • 1年以上アフィリエイトで稼げてない
本書は、売れるコピーをすらすら書けるようになります。

本書を読めば、
売れるキャッチコピーが作れるようになります。

なぜなら、人の本音を引き出す思考法「ジョブ理論」を学べるから。

ジョブ理論は、キャッチコピーだけでなく、
ライティングやデザインにも応用できる強力な武器です。

そこで、この記事は、ジョブ理論の概要、使い方をお伝えします。

この記事を読むと、2,000円(書籍代)だけで、収入、売上がアップするでしょう。

この記事でわかること(目次)

ジョブとは【ジョブ理論の要約】

ジョブ理論要約
ジョブ理論要約

ジョブ理論は、
390ページで構成されてます。

厚い本ので、すべて読むには厳しいです、、、なので、重要なポイントだけ読むことをオススメします。

「ジョブ」とは、
あなたの商品を購入するお客が、
成し遂げたい進歩(改善したい課題)を指します。

人はジョブ(課題)を片付けるため、
プロダクトやサービスを「雇用」します。

人は歯ブラシが欲しいから、歯ブラシを買うのではありません。

歯を掃除する(ジョブ)ために、歯ブラシを買っているのです。

その考え方を、
ジョブ理論といいます。

感情を動かす【ジョブ理論はもう古い?】

ジョブ理論は、
感情を動かします。

なぜなら、お客の本音を言葉にできるから。

例えば、
ドリルが欲しいお客さんは、
どんなジョブ(課題)を持っているでしょう?

答えは、穴が欲しいからドリルを買っています。

ドリルは手段で、
穴がジョブ(課題)です。

「このドリルを使えば5秒で穴を開けられます」

本音をキャッチコピーにすることで、自分ごとのように感じます。結果、「商品が気になる」から「欲しい!」へ感情が動きます。

ジョブ理論は、この商品を買うことで「得られる未来」を提示しています。

得られる未来、はベネフィットとも呼ばれます。

ベネフィットを訴求することは、
広告業界ではもっとも重要なことです。

なのでジョブ理論は、
最先端の理論だと考えております。

売上を20倍にした事例【ジョブ理論の使いかた】

ジョブ理論実例
ジョブ理論実例

ここからは、
ジョブ理論を使って、
コンビニの売上を、20倍に改善した実例を紹介します。

私の知り合いが経営している、コンビニの実話です。

コンビニがある世田谷区は、畑が多い地域です。

なので、個人がコンビニに野菜を卸(おろし)しています。

このコンビニでは、
店内の開いてるスペースで、
野菜を売っていました。

スーパーよりも、少しだけ安く買えるメリットがありました。

しかし、野菜は全く売れず、野菜は腐りって廃棄していました。

当然、利益は上がりません。

そこで、わたしが店主に、ジョブ理論を教えました。

  • そもそも、なぜ人はコンビニエンスストアに来るの?
  • コンビニに来る人が片付けたいジョブ(課題)は?

こんな回答が浮かびました。

  • ごはんを用意する時間がない
  • 料理ができないから
  • 単純においしいから

ここから見えてくるジョブは

ご飯を手軽に済ませたい

です。

ジョブから考えれば、
野菜なんて売れるはずがありません。

野菜を売るには、
別のアイデアが必要とわかりました。

そこで考えたアイデアが、野菜コーナーの配置替えです。

コンビニ奥(入り口から一番遠いところ)に置かれていた野菜を、外から見える位置に置けば「ご飯を済ませたい人」以外の目、例えば主婦層の目に触れる機会が多くなり売れるのでは?

こんな仮説が生まれました。

窓際に野菜コーナーを設置しました。

するとどうでしょう。
野菜が完売するようになったのです。

ジョブ理論から課題を想定し、
別の切り口で売上をあげた成功例です。

その後も売上は好調に

1か月後にコンビニに行ってみたら、で野菜を売り出してました。

窓側よりも、さらに目立つ外に置くなんて笑

野菜の売上は、昨年の20倍になったそうです。

まとめ【ジョブ理論はもう古い?売上を20倍にした事例付きで解説】

ジョブ理論レビュー
ジョブ理論レビュー

まとめです。

「ジョブ」とは、
あなたの商品を購入するお客が、
成し遂げたい進歩(改善したい課題)を指します。

人はジョブ(課題)を片付けるため、
プロダクトやサービスを「雇用」します。

この考え方を「ジョブ理論」といいます。

\本書はこんな人におすすめ/

購入すべき人
購入しなくてもよい人
  • 売上を2倍に改善したい人
  • 売れるキャッチコピーを書きたい人
  • クライアントに質の高い提案を死体人
  • ベネフィットを理解している人
  • マーケティングを言語化できる人
  • ジョブ理論は古い、と考えている人

本書は2,000円ほどで購入できます。

商品を売る本質的なスキルを、
たった2,000円で身につけることができます。

1週間で1個しか売れなかった商品が、
ジョブ理論を使って10個売れるようになれば、
元(もと)はすぐにとれます。

「ジョブ理論」の購入はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる