1分で伝わる文章術:わかりやすい文章を書く人と私の違いとは?

わかりやすい文章を書けない人

わかりやすい文章を書く人と、わかりにくい文章を量産する私は、なにが違うのでしょうか?一生懸命、文章を書いてるんですが……

30分かけて書いた文章が、「結局なにが言いたいの?」と言われると、ショックですよね。

でも、もしかしたら、あなた自身が無意識で「わかりにくい文章」を書いている可能性もあります。

でももし、誰でも簡単に「相手が一度で納得する文章」を書く方法があったら、試してみたいと思いませんか?

そこでこの記事は、わかりやすい文章を書く方法をお伝えします。

著書「短くても伝わる文章のコツ」から、重要な点だけお伝えします。

この記事を読むことで、要約力が鍛えられ、コミュニケーションコストが節約できます。

結果、残業が減るでしょう。

参考書籍

この記事を書いている人
登場人物
2020年3月からオーディブル使ってます
2020年3月からオーディブル使ってます
この記事でわかること(目次)

著書「短くても伝わる文章のコツ」【レビュー評価】

短くても伝わる文章のコツ

この記事は、著書「短くても伝わる文章のコツ」を参考にしております。

著者は、博報堂スピーチライターのひきたよしあきさん。

本書を読めば、「一発で理解させる文章力」が身につきます。

なぜなら、要約力の本質を理解できるからです。

要約力が身につけば、二度の文章やりとりが、一度で済みます。なので、コミュニケーションコストを半分にできます。

なので、仕事の生産性を高め、残業を減らしたい会社員におすすめの書籍です。

なお、本書は、アマゾンオーディブルで、すべて無料で読めます。

↓紹介している本は無料で聴けます↓

Amazomオーディブルを無料で試す

要約力がある人【わかりやすい文章を書く人】

第一章:文章力は「要約力」で決まる!
第一章:文章力は「要約力」で決まる!

結論、要約力がある人が、わかりやすい文章を書く人、です。

なぜなら、要約できない人は、長文を書くからです。

人間が一瞬で理解できる文字数は、40文字です。

40文字を超えた文章は、一瞬で理解することが難しくなるため、わかりにくい文章となります。

とくにビジネスでは、長い文章を、じっくり文章をよんでいる暇なんてありません。

日報や報告など、毎日の業務で、伝える機会があるかたは、40文字に絞り報告してみましょう。

40文字に絞ってみる

要約文は40字にまとめる
要約文は40字にまとめる

伝えたいことを、40文字にまとめると、わかりやすい文章になる「実例」をご紹介します。

124文字

ジャパネットでエアコンを検討しています。以前にジャパネットでエアコンを購入した人に、ジャパネットは専用モデルだから、修理もジャパネットを経由。メーカーも直接は受け付けないようなことを言っていました。本当でしょうか。

上記の例文は、124文字で構成されております。

おくさん

ぱっと見た感じ、わかりにくい文章です。

では、文章を40文字以下にして、言葉のダイエットしてみましょう。

合計31文字

ジャパネットのエアコンは、他社メーカーでの修理は難しいですか?

おくさん

一瞬で理解できる文章になりましたね。

ポイントは、絶対に40字に収める必要はないこと。

「40文字におさまるには、どこのフレーズをそぎ落とすか」という思考が、あなたの文章力を成長させるでしょう。

要約力のたかめ方【わかりやすい文章を書く人】

要点を探すポイント
要点を探すポイント

要点とは、文章の「重要な点」を指します。要約力は「内容をまとめる力」です。

では、どうやって要約力は高められるか。

結論、要点を探すことです。

なぜなら、伝えたいことの要点がわからないと、不要なフレーズが多くなり「わかりにくい文章」になるからです。

124文字

ジャパネットでエアコンを検討しています。以前にジャパネットでエアコンを購入した人に、ジャパネットは専用モデルだから、修理もジャパネットを経由。メーカーも直接は受け付けないようなことを言っていました。ジャパネット以外で修理できないのは本当でしょうか。

先ほどの例でご説明すると、上記文章の要点は「ジャパネットのエアコンは、他社で修理できるか」です。

それなのに、不要なフレーズが散見され、まるで「もじゃもじゃ生い茂った森」のようになってます。

筆者

要点を探し、伝えたいことを40文字にまとめることで「スッキリとした並木道」になります。

要点+要約(40文字)=わかりやすい文章となります。

要点の見つけ方

5w1h
5w1h

では、どのようにして要点を見つけるか。

それは、5W1Hで抜き出すことです。

要点を抜き出すポイント

  • いつ
  • 誰が
  • どこで
  • 何を
  • どのように
合計31文字

ジャパネット(誰が)のエアコンは(何を)、他社メーカー(どこで)での修理(どのように)は難しいですか?

先ほどの例は、5W1Hが入っていることわかります。

ポイントは、「誰が」「何を」「どのように」を優先すること。5つすべて抜き出す必要はないです。

おくさん

上記の例は「いつ」が抜けてます。

文章は、主語、述語、動詞さえあれば、本質は伝わります。

わかりやすい文章になっているか【確認する方法】

ネット翻訳で確かめる
ネット翻訳で確かめる

要点を探し、40字にまとめるだけで、要約力は身につきます。

結果、相手が一瞬で文章内容が理解できるので、わかりやすい文章になります。

でも、「ホントにわかりやすい文章になっているの?」と不安になる人も多いと思います。

その場合は、ネット翻訳で確かめることが有効です。※本書:「文章の伝わりやすさをネット翻訳で確かめる」より

わかりにくい文章は、英語でもわかりにくいです。

ジャパネットでエアコンを検討しています。以前にジャパネットでエアコンを購入した人に、ジャパネットは専用モデルだから、修理もジャパネットを経由。メーカーも直接は受け付けないようなことを言っていました。本当でしょうか。

ジャパネットのエアコンは、他社メーカーでの修理は難しいですか?

要点がずれている文章は、翻訳機械も正しく理解できません。

一方「わかりやすい文章」は、翻訳機械も最適な単語を抽出します。

筆者

英語が苦手なわたしでも理解できるほど、わかりやすい翻訳ができます。

伝えたい文章が、理解してもらえるか自信がない人は、Google翻訳してみましょう。

まとめ【確認する方法】

まとめ
まとめ

まとめです。

今回は「わかりやすい文章を書く人と、私の違い」というテーマで記事を書きました。

結論、要約力がある人が、わかりやすい文章を書く人、です。

人間が一瞬で理解できる文字数は、40文字です。

40文字を超えた文章は、一瞬で理解することが難しくなるため、わかりにくい文章となります。

要点+要約(40文字)=わかりやすい文章

筆者

日報や報告など、毎日の業務で、伝える機会があるかたは、40文字に絞り報告してみましょう。

もし、いますぐ「わかりやすい文章」を書きたい人は、Amazomオーディブルで「無料お試し」がおすすめです。

「相手が一瞬で理解する文章スキル」が3時間つまった本を、無料で聴けます。

道順を教える力
道順を教える力

特におすすめなのが、「道順を教える力をつけて、要約力を鍛える」センテンスです。

道を説明する訓練をすること」で、要約力が高まります。

来週、商談がある人は、本書を読むことで受注につながるかもしれません。

30日お試し無料

いつでも解約OK!リスクなし

2022年8月8日の情報です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)