質問力を鍛える本:自問自答トレーニングとは【スキマ時間で】

質問力

「なにか質問ありますか?」と聞かれることが苦手です。質問力を高める方法がありましたら、ぜひ教えてください!

興味がわかないことへの質問、なかなか思いつかないですね。

会議で「質問ありますか?」って聞かれると、沈黙になりがち。

でも実は、質問力を鍛えるトレーニングがあったら、知りたいと思いませんか?

そこで、この記事は、質問力の高める方法をお伝えします。

書籍「博報堂クリエイティブプロデューサーが明かす 質問力」を参考にしてます。

お風呂、トイレ、食事中など、私生活で取り入れられるトレーニングです。

記事を読めば、会議が楽しくなるでしょう。

Amazonプライム会員を30日試す

※無料体験は、マイページからいつでも停止できます

この記事を書いている人
登場人物
2020年3月からオーディブル使ってます
2020年3月からオーディブル使ってます
この記事でわかること(目次)

自問自答トレーニング【質問力を鍛える本】

結論、質問力は、「自問自答(じもんじとう)トレーニング」で鍛えることが可能です。

なぜなら、トレーニングをすることで、質問脳に変わるからです。

例えば、いきなり「100キロのダンベルを持ち上げて」と言われても不可能です。

筋トレと同じで、質問脳になるためには、脳のトレーニングが必要です。

自分の行動に「なぜ」を問うことで、質問脳に変わります

これが自問自答(じもんじとう)トレーニングです。

日常的になぜを問う

  • なぜ、牛丼を食べたの?
  • なぜ、この服を選んだの?
  • なぜ、パソコンをするの?

自分の行動に「自問自答」すること。そうすることで、質問するクセが身につきます。

本書でおすすめされている方法は「お風呂」で一日を思い出すように自問自答すること。

結果、いきなり質問されても答えられる脳、に変化します。

インキュベートの法則と5W1H【質問力をスキマ時間でトレーニング】

おくさん

口下手なんだけど、本当に質問がスラスラできるの?

結論、口下手でも、「自問自答」と「インキュベートの法則」を使うことで、質問力は身につきます。

なぜなら、自問自答が、自然と習慣化されるからです。

インキュベートの法則とは、21日間継続した事は習慣化する、という法則です。

自問自答は「なぜ」だけでなく、5W1Hを使って、幅を広げてもOKです。

5W1H

  • いつ?(When)
  • どこ?(Where)
  • なぜ?(Why)
  • 何をした?(What)
  • どうする?(How)

質問力が高い人のイメージは、大阪のおばちゃんですね。5W1Hを使いまくってます。

大阪のおばちゃん:「その靴、どこで買うたん?」

あなた:「心斎橋!」

大阪のおばちゃん:「いつ心斎橋に行ったん?」

21日間「自問自答+5W1H」を実践して、質問脳を目指してください。

まとめ【質問力を鍛える本:自問自答トレーニングとは】

まとめです。

結論、質問力は、「自問自答(じもんじとう)トレーニング」で鍛えることが可能です。

なぜなら、トレーニングをすることで、質問脳に変わるからです。

インキュベートの法則を使うことで、3週間で質問脳になれるでしょう。

本書を読まないリスク

  • 会議で発言できない
  • 急な質問に答えられない
  • 上司から頼りにされない

本書は、たった1,000円ほど。

たった1,000円で一生食いっぱぐれないスキル「質問力」を入手できます。

質問力は、コミュニケーションスキルなので、どこの会社でも重宝されるスキルです。

AI(機会)にはできない、普遍的なスキルを身につけたい人に、特にオススメします。

\オーディブルが3か月無料に/

マイページからいつでも解約できます

3か月無料キャンペーン(7/25まで)

スキマ時間で知的になる

Amazonオーディブルの特徴

  • 無料で聴き放題
  • いつでも解約OK
  • オフライン再生OK
Amazonオーディブルの始め方

2022年7月3日の情報です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる