コミュニケーション

理解力を高める方法を1つ教えます【仕事が覚えられない、すぐ忘れる人へ】

 

理解力がないです。1回で記憶できません。人が話していることが1回で理解できないし、本を読んでも内容を覚えてません。どうしたら、理解力を高くすることができますか?

私も理解力が無く、何度も上司に叱られた経験があります。

質問もしないので、間違った仕事をして怒られてました。

理解力がないと、生産性が低下し、残業が増えます。

なぜなら、コミュニケーションコストが発生するから。

何度も同じことを伝えると、時間がかかります。

そこで、この記事は、理解力を高める方法を紹介します。

「博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本 」を参考にしてます。

たった1つだけ意識して仕事をすると、格段に理解力が高まります。

この記事でわかること

  • 理解力を高める方法
  • 上司から信頼される方法
  • 本の内容を忘れない方法

ウトプット前提でインプット【仕事が覚えられない、すぐ忘れる人へ】

結論、理解力を高めるには、アウトプット前提でインプットすることです。

なぜなら「自分ごと化」できるから。

例えば、面白い出来事があり、それを恋人に伝えようと考えた時、はっきり内容を覚えていませんか?

逆に、興味のない出来事は、昨日の出来事ですら忘れていることが多いです。

つまり、理解力を高めるには、目的を設定することが大切なのです。

例えば、本を読む時は「人に伝える前提」で読んでください。

読む目的を作ってください。

そうするだけで、格段に理解力が高まります。

なぜ理解力が高まるか【仕事が覚えられない、すぐ忘れる人へ】

インプットとアウトプットインプットとアウトプット

アウトプット前提でインプットすると、なぜ理解力が高まるのでしょうか?

それは「疑問」が湧いてくるからだと考えております。

例えば「美味しいたまごやき」のレシピを1回で理解してください。

「恋人にアウトプットする」と仮定して、インプットしてみます。

なぜ、みりんを入れるとたまごやきは美味しくなるの?どうしたら、ふわふわになるのかな?

誰かに伝えようとインプットすると、疑問が浮かんできます。

なぜなら、まず自分が理解する必要があるから。

疑問を質問したり、調べることで、理解力が高まりす。

理解力を高める方法:まとめ【仕事が覚えられない、すぐ忘れる人へ】

実践してきましょう実践してきましょう

まとめです。

理解力を高めるにはアウトプット前提でインプットすることです。

なぜなら、「自分ごと化」できるから。

私はアウトプット前提でインプットを継続すると、こんなハッピーが訪れます。

  • 残業が減って、脱社畜した
  • 仕事で同じミスが少なくなった
  • 資格試験で1発合格!

理解力は、すぐに身につくスキルではありません。

当たり前ですが、コツコツ努力しなければ、「理解力」を鍛えられません。

しかし、その先には「仕事ができる人」と認識される社員になるでしょう。

市場価値を高め「稼ぐスキルを身に着けたい人」は以下書籍もおすすめです!

理解力を高め、伝える力が身につきます!

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

導入手順と解約手順はこちら♪

オーディオブックを徹底比較