コミュニケーション

購入前の参考に:ストレスゼロの生き方【要約・まとめ・レビュー】

 

「ストレスゼロの生き方 ~心が軽くなる100の習慣」の要約お願いします。

職場の人間関係に、悩んでませんか?

ストレスは、うつ病や肩こりなど、さまざまな病気を発生させます。

ただ、ストレスはコントロールすることができるって知ってましたか?

本書は、ストレスをコントロールする100の方法が記載されてます。

今、あなたが抱えている悩みもコントロールできるかもしれません。

本書の内容をマネするだけで、心が軽くなります。

この記事でわかること

  • 本の要約、概要
  • ストレスをコントロールする方法
  • 正しいストレスとの付き合い方

なぜこの本を読んだのか【ストレスゼロの生き方:要約・まとめ・レビュー】

なぜわたしは、本書を読もうと思ったか。

それは、商談や打ち合わせで、ストレスがたまり睡眠障害になったから。

「疲れているのに眠れない」

「眠りがずっと浅い」

こんな日が1ヶ月以上続きました。

病院に行くのが嫌で(子どもか!)自分で解決しようと動きました。

そんな時、本書と出会いました。

ストレスは運動以外でも改善できます。

考え方次第です。

どんな内容?

本書にはストレスをコントロールする方法が記載されてます。

本書を読むことで、あなたのストレスを限りなく0に近づけてくれます。

本書は1章から7章で構成されております。

  • 第1章 やめる
  • 第2章 捨てる
  • 第3章 逃げる
  • 第4章   受け入れる
  • 第5章 貫く
  • 第6章 決める
  • 第7章 筋トレする


各章で、具体的なストレス改善方法を提案しています。

「1提案 2ページ」で構成されているので読みやすいです。

本書を買って「ストレスコントロールスキル」を身につけましょう。

どんな人に読んでほしいか【ストレスゼロの生き方】

そんな人に読んでほしいか。

ストレスに押しつぶされそうな人に、今すぐ読んでほしいです。

ストレスの軽減やコントロール方法は、運動だけではありません。

思考(考え方)が大きく関係してます。

本書はその具体的コントロール方法が100個も記載されてます。

将来が不安、、、仕事が不安、、、リストラが不安、、、

本書は、6時間あれば完読できます。

そして即実践できます。

あなたもストレスをコントロールできるようになるでしょう。

特に重要だと感じたところ【ストレスゼロの生き方】

本書は、ストレス改善の100提案が紹介されており、どれも実践的です。

共感したところを1つだけ抜粋します。

「コントロールできないこと」で悩むのをやめる

「コントロールできないこと」で悩むのをやめましょう。

もし、あなたが、今なにか問題を抱えているなら「この問題は自分にコントロールできることなのか」と問いかけましょう。それがもし、自分ではコントロールできない問題ならいくら考えても仕方がないので考えるのはやめましょう。

無駄な努力はやめて、やめて実る努力をしましょう。
後ろ向きにあきらめるんじゃない、前向きに諦めろ!

自分のコントロールの外にある問題は悩まなくてよいです。

なぜなら、他人の問題は悩んでも解決方法がないから。

そういうときは諦めることが大切です。

例えば、風邪を引いた時、どんなに悩んでも解決しませんよね。

世の中には、悩むべき悩みと、悩まないで良い悩みがあることを理解してください。

まとめ【ストレスゼロの生き方:要約・まとめ・レビュー】

まとめです。

ストレスを感じない人の特徴は、ストレスのコントロール法を知っている人です。

ストレスコントロールは、運動だけではありません。

思考(考え方)が大きく関係してます。

この本は、100個ストレスを減らす思考(考え方)が書かれています。

すぐ実践できる内容になってます。

なので、今悩んでいることも今日・明日に解決できる可能性だってあります。

実践することで、こんな未来が想定されます。

  • 月曜日が怖くない
  • 不眠症が改善された
  • 肩こりや胃痛がなくなった


ストレスで悩んでいる方は、放置せず、まず本書を読んで見ることをオススメします。

このまま対策をしないと、仕事をしたくてもできない身体になる恐れがあります。

最悪の場合、職を失ったり入院する必要も、、、

そう考えると、、恐ろしいほどの
お金と時間、労力が必要になります。

本書は1,000円ほどです。

自宅で好きな時間に、何回でも、実践していただけます。

つまり、時間とお金の節約ができるのです。