文章力が高まる本:20歳の自分に受けさせたい文章講義【要約レビュー】

20歳の自分に受けさせたい文章講義

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の購入を検討してます。概要を教えて!

良い文章が書けず、悩んでいませんか?

よい文章の書き方は、学校で学ばないので、書けなくて当然です。

でももし、読むだけで文章力が高まる本があったら、読んでみたいと思いませんか?

そこで、この記事は、著書「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の要約をお伝えします。

この記事を読んで購入することで、文章が苦手な人でも、得意になるでしょう。

↓紹介している本は無料で聴けます↓

2ヶ月無料キャンペーン

※期間限定 特別リンク※

\本日、5月11日に終了/

この記事でわかること(目次)

文章力と文章知識が身につく本【概要】

20歳の自分に受けさせたい文章講義
20歳の自分に受けさせたい文章講義

本書は、Amazonレビューでも高評価で、レビュー★4.4です。

著者は、コピーライターの古賀さんで、ベストセラー「嫌われる勇気」の著者です。

275ページで構成されており、片手で持てるため、電車やバスの移動時間で読むことができます。

概要

  • 始めに:「話せるのに書けない!」のはなぜか
  • ガイダンス:その気持ちを「翻訳しよう」
  • 第1講:文章は「リズム」で決まる
  • 第2講:構成は「眼」で考える
  • 第3講:読者の「椅子」に座る
  • 第4講:原稿に「ハサミ」を入れる

本書を読んで感じたことは、読みやすいということ。現役のコピーライターが書いているから当然です。

本書が読みやすい要因

  • ひらがなと漢字バランスが良い
  • 接続詞の使い方が適切
  • 句読点の位置が適切

書籍自体が、文章力の見本です。

本書を読むだけで、「文章力と文章知識」が身につき、一石二鳥です。

人を動かす文章を書く3つの方法【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

この本を読めば、人を動かす文章が書けるようになります。

なぜなら、心を動かす手法が学べるからです。

本書では、いい文章の定義は、「読者の心、行動が変わること」と定義されてます。

行動するということは、商品を購入してくれる、ということ。

では、どうすれば、読者を動かす文章が書けるのか。

人を動かす文章を書くコツを、3つ紹介します。

  1. あたまの中のもやもやを翻訳する
  2. 「説得」ではなく「納得」させる
  3. 読み手と同じ椅子に座る

順番に解説します。

あたまの中のもやもやを「翻訳」する

あたまの中がもやもやしていては、良い文章が書けません。

なぜなら、伝えたい事が、相手に伝わらないからです。

もやもやした状態で、選挙に出ても叩かれるだけです。

なので、文章を作る前に、何を伝えたいのか、頭の中を整理することが必要です。

その方法とは、「5W1Hで自分に問う」こと。

例えば、「釣り」について記事を書きたい時、なぜ釣りが好きなのか、どんな釣りが好きなのか、自分に問うこと。

そうすることで、頭のもやもやが整理され、読者(ペルソナ)の心に刺さる言葉で文章化できます。

「説得」ではなく「納得」させる

説得はわからせること。納得はわかること。

人は、説得しても動きません。

なぜなら、人は感情で動く生き物だから。

正当なことも、命令口調で言われたら「なんやこいつ」って思いますよね。

文章も同じで、説得させる文章は、サイト離脱を招きます。

納得させるためには、相手に寄り添い、わかってもらうことが重要です。

納得させる文章を書くためには、共感を得ることが有効です。

「そうそう。それそれ!わかってるじゃん!」

共感を得るためには、ペルソナを設定することが有効です。

読者がどんな悩みを持っていて、どうなりたいのか、文章にすることで共感を得ることができます。

結果、人を動かす文章が作成できます。

読み手(ペルソナ)と同じ椅子に座る

3つめは、読み手(ペルソナ)と同じ椅子に座ること。

なぜなら、感情を言葉にできるから。

問題を解決するには、まず読み手(ペルソナ)の悩みを把握すること。

その方法が、ペルソナと同じ椅子に座ることです。

友達と、ガタガタする古い椅子に、座っているシーンを想像してください。

椅子に座ると浮かぶ感情

  • この椅子、ちょっと安定しないなあ…
  • 硬くておしりが痛いなあ…
  • 椅子、壊れないかなあ…

二人共、おなじ気持ちになると思います。

こんなイメージで、「読者の悩み椅子」に座り、寄り添うことで、本当の悩みを感じます。

結果、心に刺さる文章となり、人を動かすことができるようになります。

まとめ【要約:20歳の自分に受けさせたい文章講義】

まとめです。

この本を読めば、人を動かす文章が書けるようになります。

なぜなら、心を動かす手法が学べるからです。

人を動かす文章を書くコツを、3つ紹介します。

  1. あたまの中のもやもやを翻訳する
  2. 「説得」ではなく「納得」させる
  3. 読み手と同じ椅子に座る

書籍を購入しないリスク

  • 1年、アフィリエイトで稼げない
  • 文章を書くことがツライ
  • ブログをリタイア

本書はたった900円ほど。

たった900円で、一生食いっぱぐれない文章スキルを手入できます。

書籍も片手で持ち運べるので、通勤時間で読むことができます。(時間を有効に使えます)

Amazonオーディブルは聴き放題になりました

ご紹介した書籍は、Amazonオーディブルで聴き放題です。

無料体験は、いつでも開始できて、いつでも解約できます。リスク無しです。

通勤時間でスキルが高まるので、6月は会社が楽しくなるでしょう。

30日間 無料キャンペーン中

※期間限定 特別リンク※

Amazonオーディブルの特徴

  • 30日間、無料で聴き放題
  • いつでも解約OK
  • オフライン再生OK

2022年5月11日時点の情報です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる