Amazonオーディブル

アイデア豊富な同僚がやっている38のこと 【売り上げを増やす】

アイデアの作り方
 
とっさにアイデアが浮かびません。次から次にアイデア出す人いますよね。どうすれば、そうなれますか?

アイデア力がないと、意見が言えません。

意見が言えないと、発言が減ります。

発言が減ると、社内で孤立します。

そこでこの記事は、著書「アイデアのつくり方」を参考に、アイデアを簡単に出す方法を紹介します。

マネするだけでOK!

アイデアがポンポン出せるようになります。

この記事でわかること

10秒で優れたアイデアが出せるようになります

 

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

アイデアは組み合わせ【売り上げを増やす】

アイデアのつくり方

結論、新しいアイデアは「組み合わせ」で生まれます。

過去、生まれた発明レベルのアイデアも組み合わせです。

iPhone(電話×インターネット)が典型です。

イノベーション「新結合」です。

この現象は「ニュー・コンビネーションの法則」と呼ばれてます。

オズボーンのチェックリスト 【アイデアを生み出す方程式】

アイデアを効率的に作りたい。

そんなときは「オズボーンのチェックリスト」を使うことが有効です。

チェックリストは、オズボーン氏によって作られました。

切り口は38つあり、課題と組み合わせることで、アイデアが生まれます。

既存のアイデア+38の切り口(オズボーンリスト)=アイデア

この方程式で、アイデアを量産できます

オズボーンのチェックリストを9つ紹介します。

他に使い道はないか?

1つ目は、「他に使いみちはないか?」です。

「改善・改良して、新しい使いみちはないか?」
「新しい使いみちはないか?」

付箋は「絶対にはがれない接着剤」の失敗作から生まれました。

「絶対にはがれない接着剤」+「他に使い道はないか?」=付箋

応用できないか?

2つ目は、「応用できないか?」です。

「過去に似たもので応用できないか?」
「横展開できないか?」

コウモリからヒントを得た「超音波による衝突防止機能」

「コウモリ超音波」+「マネできないか?」=衝突防止機能

修正したらどうか?

3つ目は、「修正したらどうか?」です。

「新しいひねりはないか?」
「意味、色、動き、音、匂い、様式、型などを変えられないか?」

黒綿棒が大ヒットした例ですね。

「白綿棒」+「色を変えられないか」=黒綿棒

拡大できないか?

4つ目は、「拡大できないか?」です。

「より大きく(強く、高く、長く、厚く)できないか?」
「何か加えられないか?」

床面積が広い軽自動車、例えばスズキ「ワゴンR」が優れたアイデア例です。

「軽自動車」+「大きくできないか」=ワゴンR

縮小したら

5つ目は、「縮小したら」です。

「より小さく(弱く、低く、短く、薄く)できないか?」
「何か減らせないか」

TikTokのような「短い動画」が成功例です。

「動画」+「短くできないか」=TikTok

代用したら

6つ目は、「代用したら」です。

「他の素材は使えないか?」
「他のアプローチは?」

牛乳のかわりに豆乳を使った料理(子供のアレルギー対策)、大ヒットしました。

「牛乳」+「代用できないか」=豆乳ホットケーキ

アレンジし直したらどうか?

7つ目は、「アレンジし直したらどうか?」です。

「要素を取り替えたら?」
「原因と結果を入れ替えたら?」

レジ横スペースの商品は、レジ周辺に配置換えし「ついで買い」を促進します。

「 レジ横スペース商品入替え」+「要素を入れ替えたら?」売上アップ

逆にしたらどうか?

8つ目は、「逆にしたらどうか?」です。

「後ろ向きにしたらどうか?」
「上下をひっくり返したらどうか?」

リバーシブルウェア、2way商品、UNIQLOなど、アパレル業界でで大ヒットしました。

「ウェア」+「後ろ向きにしたらどうか?」=リバーシブルウェア

組合したらどうか?

9つ目は、「組合したらどうか?」です。

「目的を組み合わせたらどうか?」
「アイデアを組み合わせたら」

水陸両用バスは、バスと船の組み合わせにより、価値を高めました。結果、観光主客力がアップ、話題になりました。

「バズ客」+「船客」=水陸両用バス

具体例【アイデア豊富な人、売り上げを増やす】

では、実際にアイデアを出してみましょう。

ここでは課題を「業務効率化」とします。

例えば、オズボーンリストの「縮小できないか?」という切り口

「業務効率化のために、より小さく(弱く、低く、短く、薄く)できないか?」

「業務効率化」+「縮小」=優先順位をつけタスクを捨てる

1分でアイデアがでました。

まとめ【売り上げを増やす:アイデア豊富な人がやっている38のこと 】

アイデアの作り方まとめまとめです。

新しいアイデアは「アイデアとアイデアの組み合わせ」で生まれます。

アイデア出しは「オズボーンのチェックリスト」を使うことが有効です。

既存のアイデア+38の切り口(オズボーンリスト)=アイデア

アクションプラン

仕事で課題が生まれたら、「オズボーンのチェックリスト」と掛け合わせ、俯瞰的に考え、複数の解決方法を考えてみましょう

アイデア力は、すぐに身につくスキルではありません。

当たり前ですが、コツコツ努力しなければ、習慣化はできません。

しかし、継続の先にはAIにも負けない一生食いっぱぐれないスキルを手に入れられます。

市場価値を高め「稼ぐ力」を身につけたい人は、今すぐ行動することをオススメします。

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible