書籍

要約:発想力 「0から1」を生み出す15の方法 【レビュー・感想】

発想力

 

著書「発想力: 「0から1」を生み出す15の方法」の感想と要約教えて!

発想力がないと、アイデアがでません

アイデアがでないと機械(AI)に代替されます。

機械(AI)に代替されると職を失います

そこでこの記事は、著書「発想力 「0から1」を生み出す15の方法」を紹介します。

本書は、アイデアを作る15の方法が紹介されてます。

マネするだけで、アイデアマンになれます。

この記事でわかること

  • 0から1を生み出すアイデア
  • 「発想力: 「0から1」を生み出す15の方法」概要
  • 売上を改善する方法

 

なぜこの本を読んだのか【発想力:「0から1」を生み出す15の方法】

私はなぜこの本を読んだか。

それは、会議やミーティングで優れたアイデアが出せなかったから。

アイデアが出せないと、いづれ機械やAIに仕事を奪われます。

価値ある提案は、AIにはできません。

だから、本書を読むことは重要だと考え読みました。

本書を読んで、人間しか出せない価値(アイデア)を出せる人になりませんか?

本の内容

本書は「0から1を生み出す力」を身につける手法が15つ紹介されております。

「アイデアを出したい、価値を生み出したい」

こんなお悩みをお持ちの方に、おすすめです。

重要なのは「0から1を生み出す力」をどうやって身につけるか、です。

15方法から特に重要だと感じたのは以下3つです。

  • 戦略的自由度
  • 固定費に対する貢献
  • 他人の立場に立つ発想

戦略的自由度

まず1つ目は、戦略的自由度です。

戦略的自由度とは「ユーザー側に立った発想」です。

相手志向ですね。

自分目線でアイデアを考えても、良いアイデアは浮かびません。

なぜなら、課題は相手主体だから。

第1に問うべきは「ユーザーは何を求めているのか」です。

第2に問うべきは「ユーザーに応じるためにどんなやり方があるのか」です。

第3に問うべきは「軸に沿ってどんなことができるのか」です。

この手順で、課題解決を考えると、本質的な課題解決アイデアを出すことができます。

固定費に対する貢献

固定費は、遊ばせてはいけません。

なぜなら、お金を捨てているのと同じだからです。

例えば、昼間眠らせているクリーニング機械がある店は、固定費を遊ばせてます。

昼間に値下げをしてでも起動率を挙げること。

売上を改善することができます。

固定費を削って利益を確保するのではなく、今まで稼働していなかった時間帯に稼働させること。

固定費飲み直しは、アイデアを量産できます。

他人の立場に立つ

視座を変えることで、アイデアを出せるようになります。

「もしあなたが会社の社長だったら」

「もしあなたがマネージャーだったら」

人間には「思い込み」と「クセ」が染み付いてます。

自分目線でアイデアを出そうとしても、限界があります。

それを排除するために有効な方法が「RTOCS(Real Time Online Case Study )」「もしあなたが〇〇だったら」思考です。

他人に成り代わって、自分ごと化することで、優れたアイデアを生み出すことができます。

まとめ【発想力 「0から1」を生み出す15の方法】

まとめです。

本書は「0から1を生み出す力」を身につける手法が15つ紹介されております。

「アイデアを出したい、価値を生み出したい」

こんなお悩みをお持ちの方に、おすすめです。

本書を読むことで、明るい未来が訪れます。

 
  • 営業成績が2倍になった!
  • 提案するのが苦痛じゃなくなった!
  • 上司から頼りにされる!


この本は、たった1,000円ほどです。

たった1,000円で、AIには生み出せない「アイデアを生み出すスキル」を最短で入手できます。

アイデアマンとなり、上司を見返したい人にも、本書はオススメです。

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

導入手順と解約手順はこちら♪

オーディオブックを徹底比較