コミュニケーション

初対面だと緊張する人へ【話せない時の3つの対策】

初対面で話せない時の対策

 

初対面の人と会話すると、無口になってしまいます。どうすれば楽しく話せますか?

初対面の人と会話する時、すごく緊張ますよね。

特に会社のお客さん、、、

ありきたりな会話しかできず、重い空気に、、、

一方で、すぐに仲良くなる人もいますね。

なにが違うのか、本書を読むまで、わかりませんでした。

そこで、この記事は、著書「超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける」を参考に、初対面でも仲良くできる3つのコツをお教えします。

この記事を読むだけで、初対面でも仲良くすることができます。

この記事でわかること

  • 相手から好かれる方法
  • 誰とでも会話を続ける方法
  • 初対面でも緊張しない方法

 

記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible
 

相手から好かれる3つの方法【初対面だと緊張して話せない】

初対面だと緊張して話せない人へ。

対策を3つをお伝えします。

  1. 自己開示
  2. 相手を主役にする
  3. 喜怒哀楽と行動を相手に合わせる


1つでもできるようになれば、相手から好かれる可能性が高まります。

順番に解説します。

自己開示

1つ目は自己開示です。

自己開示とは、心をさらけ出すこと。

「自分はこういう人間ですよ」と伝えること。

自己開示をすると相手の警戒心を最短で解くことが可能です

人間は、わからないことに対して警戒心が発動します。

なので、自己開示をした上で、話を広げていくことが大切です。

相手を主役にする

2つめは、相手を主役にすることです。

なぜなら、人間は、自分が大好きだからです。

人間は、話を聞いてくれる人を好む傾向があります。

なので、主導権は常に相手に渡しましょう。

もし、相手から質問された場合、オウム返し(聞き返す)ましょう。

例えば出身地を聞かれたシーンを想像してください。

相手:「ご出身は?」

あなた:「静岡県です」

あなた:「〇〇さんの出身地はどこでしょうか?」

会話の最後は質問で返して、相手にバトンを渡すことがポイントです。

喜怒哀楽と行動を相手に合わせる

3つ目は、喜怒哀楽と行動を合わせることです。

なぜなら、相手を肯定するから

例えば、相手が失恋の話をしているのに、あなたが喜んでいたら、当然、嫌われます。

相手が悲しそうなら、自分も悲しそうにすることが重要です。

相手は共感を求めています。

人は理論よりも感情で物事を決める傾向があります。

人は正論では動きません。

感情が優先されます。

なので正論を言われても話は盛り上がりません。

感情を合わせる+行動を合わせること。

こうすることで、相手からの信頼感が増加します。

記事まとめ【初対面だと緊張して話せない】

記事のまとめです。

以下3つを抑えると、初対面でも好まれ、会話ができるようになります。

  1. 自己開示
  2. 相手の話題を主役にする
  3. 喜怒哀楽と行動を相手に合わせる


結果、話が盛り上がり、相手から好かれるでしょう。

そして、その後はこんな未来が想定されます。

想像してみてください!

  • 初対面でも会話が盛り上がって彼女ができた!
  • お客さんと仲良くなり、取引先を紹介された!
  • 上司に信頼されるようになった!

 

本書は1,000円ほどです。

たった1,000円で、一生役立つコミュニケーションスキルが身につきます。

しかも、今ならAmazonオーディブルで無料で聴けます。

同期と差をつけたい、上司を見返したい人にオススメです。

記事で参考にした書籍は無料ダウンロードできます
(2021年8月10日現在)

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

導入手順と解約手順はこちら♪

オーディオブックを徹底比較