コミュニケーション

プレゼン:自信を持って喋る方法「7選」教えます【リモートでも役立つ】

自信を持って喋る方法
 

プレゼンが苦痛です。いつも相手の反応が良くないです。「なにいってんだこいつ?」という心の声が聞こえます。

プレゼン力がないと、相手が動きません。

相手が動かないと、売上が上がりません。

売上があがらないと、いつまでも平社員です。

そこでこの記事は、プレゼンを成功させる7つのコツをお伝えします。

動画と著書「プレゼンテーションZen」を参考にお伝えします。

マネするだけで誰でもプレゼン上手になれます。

この記事でわかること
✔プレゼンを上達させるコツ
✔自信をもって話す方法
✔人前であがらない方法

 

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible

余裕を持って話すこと【プレゼン喋り方のコツ】

結論、余裕をもって話すことでプレゼンが成功します。

なぜなら、自信があるように見えるから。

人は第一印象で9割決まります。

これをメラビアンの法則といいます。

例えば、新車を買う場合。

新車の販売員になにか質問したらあたふたしている、、、

「この人、信用して大丈夫かな、、、」

となりますね。

しゃべり方に余裕を持つだけで、自信があるように感じます。

仕事ができそうと判断されます。

自撮り【プレゼン喋り方のコツ】

自分がしゃべってる姿の動画を撮ってみましょう。

多くの気付きを得ることができます。

初めて自分の姿をみることで、こんな感情が生まれます。

「えっ?これ自分?」「自分って、こんな喋り方だったのか」「気持ち悪いなあ…マジで治さなきゃ…」

この痛みが起爆剤となり、しゃべり方を大きく変えます。

自分を俯瞰して見ることができるので、さらなるスキル向上が見込めます。

自信が持てる話し方7選【プレゼン喋り方のコツ】

自信を持つ喋り方については、メンタリストダイゴさんの動画が参考になります。

動画では、以下の内容をオススメしております。

  • スローペースで話す
  • 声のトーンを1トーン下げて話す
  • 大事の部分で声のトーンを落とす
  • 間(ま)を入れて話す
  • 語尾のイントネーションを下げて話す
  • 呼吸を深くする
  • 口呼吸ではなく鼻呼吸で話す

 

実践することで、喋りに「余裕」が生まれます。

余裕が生まれると、落ち着いて話すことがデキますね。

目が泳いだり、ソワソワしている人は、自信がなさそうです。

説得力もないので、話す内容も的外れに感じる印象があります。

コレではプレゼンで人を動かすことはできません。

トレーニング方法【プレゼン喋り方のコツ】

どうやったら7つのスキルが身に付くの?

わたしからのおススメは「日常トレーニング」です。

なぜなら「量」をこなせるからです。

名言「量は質を凌駕する」

人は忘れてしまうから、練習を継続できる仕組み(構造)を作ること。

そのためには、家族、友達で練習することをオススメします。

  • 今日嬉しかったことを、ゆっくり恋人に語る
  • 間(ま)を意識して同僚に伝える
  • 呼吸を意識しながらお母さんと会話する

まとめ【プレゼンで自信を持って喋る方法】

まとめです。

余裕をもって話すことでプレゼンが成功します。

なぜなら、自信があるように見えるから。

まず、自分がしゃべってる姿の動画を撮ってみましょう。

次に、以下7つを意識して、家族で練習しましょう。

  • スローペースで話す
  • 声のトーンを1トーン下げて話す
  • 大事の部分で声のトーンを落とす
  • 間(ま)を入れて話す
  • 語尾のイントネーションを下げて話す
  • 呼吸を深くする
  • 口呼吸ではなく鼻呼吸で話す

 

 

「インキュベートの法則」という習慣化の法則をご存知でしょうか?

「21日間継続した事は習慣化する」という法則です。

早く行動する人が成功してます。

アクションプラン

7つのうち1つだけ、同僚で練習してみる。慣れてきたら1つ実践を増やしていく

継続の先には一生食いっぱぐれないスキルを手に入れられます。

市場価値を高め「稼ぐ力」「同僚と差を付けたい人」は、今すぐ行動することをオススメします。

Amazonオーディブルは45万冊から選べる

解約はいつでも可能
ダウンロードした本も消えません

Amazon-Audible