プレゼン成功のコツ:自信を持って話す3つの方法【ZoomやTEAMS】

プレゼン成功のコツ

プレゼンが苦痛です。いつも相手の反応が良くないです。「なにいってんだこいつ?」という心の声が聞こえます。

プレゼンは、人をを動かす手段なので、失敗したら人は動きません。

人が動かないと、当然、売上もあがりません。

売上があがらないと、いつまでも平社員です。

筆者

わたしはWebコンサルが仕事なので、1年に100回以上、プレゼンをしています。

そこでこの記事は、プレゼンを成功へ導く3つのコツをお伝えします。

著書「プレゼンテーションZen」を参考にお伝えします。

マネするだけで自信がつくので、プレゼンが楽しくなるでしょう。

この書籍でわかること
  • プレゼンを成功させる3つのコツ
  • 自信をもって話す方法
  • 人前でもテンパらない方法
Amazonプライム会員を30日試す

※無料体験は、マイページからいつでも停止できます

この記事を書いている人
登場人物
2020年3月からオーディブル使ってます
2020年3月からオーディブル使ってます
created by Rinker
¥2,717 (2022/07/07 16:44:42時点 Amazon調べ-詳細)
この記事でわかること(目次)

自信を持って話すこと【プレゼン成功のコツ】

自信があるように話す
自信があるように話す

結論、自信があるように話すだけでプレゼンは成功します。

なぜなら、余裕があるように見えるから。

人の印象は、第一印象で9割決まります。

これをメラビアンの法則といいます。

メラビアンの法則とは、人と人がコミュニケーションを図る際、実は「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」という割合で影響を与えていることを示した心理学上の法則です。アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンによって提唱され、別名「3Vの法則」や「7-38-55ルール」などとも呼ばれています。

引用:ピポラボ

例えば、ソーダストリームを買うシーンを想像してください。

販売員に、メーカー別にソーダストリームの特徴を質問して、アタフタしていたら、「この人大丈夫か?」となりますね。

結局、その人から、ソーダストリームは購入しません。

自信をもって話すだけで、余裕のある男に見えるので、信頼が増えます。

自信を持って話す手法は、ZoomやTEAMSなど、オンラインでも同様に使えます。

自分のプレゼン姿を確認する【ZoomやTEAMSにも応用できる】

自分が話す姿を確認する
自分が話す姿を確認する

自信がある話し方をお伝えする前に、自分が話している動画を、アイフォンで撮影してみましょう。

自分を俯瞰(ふかん)してみることができるので、気付きを得れます。

俯瞰して気づくこと

  • えっ?これ自分?クネクネしているな…
  • 自分って、こんな喋り方だったの…
  • 声小せえな…マジで治さなきゃ…

この「痛み」が、しゃべり方を変えるキッカケとなります。

自信が持てる話し方3つ【プレゼン喋り方のコツ】

緊張すると自信がなさそうに見える
緊張すると自信がなさそうに見える

ここからは、自信をもって話すコツを3つお伝えします。

  1. ワンテンポ遅く話す
  2. 間(ま)を入れて話す
  3. 特定の人を直視する

順番に解説します。

ワンテンポ遅く話す

いつもより、ワンテンポ遅く話すと、自信があるように見えます。

なぜなら、早口の心理状態は、焦っていることが多いからです。

早口な人の心理は?

仕事でも、セカセカしている人は、余裕がないように見えませんか?

妻に浮気がバレて、言い訳しているときも、早口で話すことが想像つきますね。

人間は、余裕がなくなると、追い詰められ、脳が過剰に反応するようになります。

ゆっくりと話すだけで、落ち着きのある人と判断されて、信頼されるようになります。

間(ま)を入れて話す

話のあいまに「ま」を入れると、余裕があるように見えます。

なぜなら、緊張している人は、棒読みになるからです。

スティーブ・ジョブズのスピーチを分析しても、「ま」を多用しており、落ち着いて見えますね。

「ま」がないことを「間抜け」というように、「ま」がないプレゼンは、記憶に残りません。

プレゼンで「ま」をつくるポイントは、伝えたいことを3つに絞り、あらかじめ設定しておくこと。

「ま」が多すぎても、へんてこなプレゼンになってしまいます。

特定の人を見て話す

特定の人を見て話すと、自信があるように見えます。

なぜなら、目が泳がなくなるからです。

目の焦点がぶれていると、自信がなさそうです。

嘘をついている人も、目が泳いでいることが多いので、不信感が湧きますよね。

ZoomやTEAMSでも、目が泳いでいる人は、実はバレてます。

目が泳いでいると、信頼されなくなります。

結果、プレゼンで人を動かすことはできません。

どうやって習慣化するか【トレーニング方法】

自信があるように話すには、トレーニングが必要です。

おすすめは「日常トレーニング」です。

なぜなら「量」をこなせるからです。

「量は質を凌駕する」

人は忘れてしまうから、練習を継続できる仕組み(構造)を作ること。

そのためには、家族、友達で練習することをオススメします。

  • 今日の出来事を、恋人にゆっくり語る
  • 「ま」を意識して、家族と話す
  • お父さんの後ろにある観葉植物を見て話す

まとめ【プレゼンで自信を持って喋る方法】

自信を持って話す
自信を持って話す

まとめです。

自信をもって話すことでプレゼンが成功します。

なぜなら、余裕があるように見えるから。

まず、自分が話している動画を撮影してみましょう。

多くの気づきを得ることができます。

  1. ワンテンポ遅く話す
  2. 間(ま)を入れて話す
  3. 特定の人を直視する

オススメは、上記3つの話かたを、家族で練習することです。

手軽に練習量を増やせるので、自然に自信を持てるようになります。

自信のない話し方を続けていると、いつまでも信頼されず、目標売上を達成できないままです。

2023年の新入社員に、成績を抜かされてしまうことも考えられます。

そんな事態を防ぐために、Amazonオーディブルもオススメです。

営業スキル向上の書籍がたくさんあるので、ランニングや通勤時間で、成長できます。

created by Rinker
¥2,717 (2022/07/07 16:44:42時点 Amazon調べ-詳細)

\オーディブルが3か月無料に/

マイページからいつでも解約できます

3か月無料キャンペーン(7/25まで)

スキマ時間で知的になる

Amazonオーディブルの特徴

  • 無料で聴き放題
  • いつでも解約OK
  • オフライン再生OK
Amazonオーディブルの始め方

2022年7月3日の情報です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる